ビッチなオタクの話

セックスが好きなオタクが色々な話をする。Twitter→ @_aya_sann

腐女子の定義を考え直してみる

 

最近テレビや雑誌などのメディアでも見かけるようになった単語、「腐女子」。

 

この記事を開いた人間なら、腐女子と聞くだけで意味は自明だと思う。だけど、腐女子というワードだけが一人歩きして、意味を履き違えられている場合もあると聞くので、きちんとした定義をおさらいしておこうと思う。

 

腐女子(ふじょし)とは、男性同士の恋愛(腐向けやBL)を扱った作品を好む女性の呼称である。 

 

出典:ピクシブ百科事典 (https://dic.pixiv.net/a/腐女子)

 

そう、腐女子はBLを好む女性のことだ。単に2次元好きな女オタク全員を示す言葉ではない。それはストレートに女オタクである。

ちなみに、BL好きな男性のことは腐男子と呼ぶ。

 

さて、この腐女子というワード、私はかつてから「なぜ腐なのだろう」と思っていた。

 

男性同士の恋愛だろうが、女性同士の恋愛だろうが、男女の恋愛だろうが、恋愛は恋愛である。なのに、なぜ男性同士の恋愛を好む人だけが「腐」を名乗っているのか。

BLを好む女性が「こんな趣味で興奮してる私達は腐ってる」と「婦女子」をもじって自虐的に自称したのがはじまりらしい*1が、嗜好としては腐ったものではないはずだ。

 

特に、かつて腐女子は「BLしか好きじゃない!」という人が大多数だったらしいが、近年だと「BLも好きだし、HL、GLも好き」という人も増えている。その上で、腐女子を分類するのは大変難しい。

 

そこで私は、腐女子のもうひとつの特徴である、

「なんでもカップリング」

これをする人を腐女子と呼ぶことを提案する。

 

ほとんどの腐女子は二次創作のBLが好きだ。それも、実際には恋愛関係にない2人のBL二次創作が大半である。

 

作品内ではライバル同士であったり、親友であったり、はたまた特に関係性のない2人をカップルに見立てて楽しむのだ。

 

聞くところによると、人間ではなく、無機物や季節、文字でもでもカップリング*2を考えられる人もいるらしい。(ex.机と椅子、春と夏、「あ」と「い」)

 

ならば、BLに限らなくても、なんらかの事象に対して、カップリング、もしくは受けと攻め*3を考えられる女性全員を腐女子と呼んではいかがだろうか。

 

これが私の提案だ。

 

男女、有機物無機物、実物概念問わず、カップリングを考えられる女性が腐女子。男性の場合は腐男子だ。

そして、男女問わず、既存のカップリングのみが好きな人間は腐女子腐男子には該当しない。それは腐った趣味ではなく、単純に恋愛もののストーリーが好きなだけだからだ。

 

これなら分かりやすく、そして差別的な意味も含まないのではないだろうか。

 

現在、「BLを好む女性」という意味で使われる「腐女子」が差別的、もしくは区別的な意味を含んでいると感じる人は少ないと思う。(腐女子に対して差別的な感情を持つ人はいるかもしれないが。)

 

それは良いことだ。

私は無駄な学級会*4を開きたいと思っているわけではない。

 

しかし、これから同性愛や無性愛など、愛のあり方が多種多様化していく時代である。それに合わせて、腐女子、NLなどの呼称は変化していく必要があるのかもしれない。そんな世の中がきたときのために、新しい「腐女子」という呼称に合う定義を考えておくのは、決して無駄なことではない。

*1:ニコニコ大百科(http://dic.nicovideo.jp/t/a/腐女子)より

*2:正式な意味は

 2つのものを組み合わせる、結合させること、またその用途に使われるもの。

 

引用:ピクシブ百科事典(https://dic.pixiv.net/a/カップリング)

であるが、この場合のカップリングは、2次元3次元問わず、恋愛関係にない2人(もしくは2匹、2個)をカップルに見立てることである。

ただし、実際に恋愛関係にある2人のことをカップリングと呼ぶこともある。この場合は現実の人間ではなく、創作物の登場人物であることがほとんどである。

*3:男性同士に置いては、性器を入れられる側か入れる側か、である。入れられる側が受けで、入れる側が攻めである。女同士の場合は基本的にはないが、強いて言うなら主導権を握っている側が攻め。男女の場合は基本的に男が攻めである。しかし、女側が一方的、もしくは優勢的に攻め立てる女攻めも存在する。

基本的には上記だが、様々な場合があるため、その時々、書く人によって異なる可能性があると思って貰いたい。

*4:ある物事について、ファンやそれを嗜好する者の間で議論が飛び交うこと。主にSNS上で起こる。元ネタは小学校の学級会だと言われている。このワードはいい印象の論争に対しては滅多に使われない。基本的にマイナスの意味である。